早く注文してください

VV9V9A2971_TP_V

今日は昔、大衆居酒屋に努めてた時のエピソード。

自分の心に響いたことって鮮明に覚えているものだ。
その時の様子をシェアしておきます。

早く注文してください

その店はよくある大衆居酒屋。
店はとにかく人件費を削られて忙しい。

ある日、の業務中のこと。

呼び鈴がなって客席へ注文を取りに行く。
若い娘たちはさっさと注文。これとこれとこれ。

一方、お父さんはもたもたしてこれからメニューを開いて選ぼうとし始める。

娘達(23):申し訳なさそうに「店員さん待ってるから早くしなさいよー」

お父さん(52):ニコニコしながら「待ってないよねー?(笑顔)」

私:お父さんにわかるようにわざとらしく
机を爪でコツコツ連打しながら(←行動で早くしろと催促してる)
「あー全っ然待ってないですよー(笑顔)」

この直後、そのテーブルに爆笑が走ることとなった。

言葉より態度で示す

「何を言うか」ではなく「どんな感じで言うか」
ってすごく大事だと思う。

おそらく自分で既にそれが理解できていたから
そういうことが出来たのだろう。
多分、他の店員ならイライラして、裏に帰って文句言っていたに違いない。

まだですか?
の一言でも言い方によって全然意味合いが変わってくる。

もう知らない!

もっと身近な例でいえば、

女性がよく使う
「もういい」「もう知らない」「やだ」

これも言葉ではなく態度をうまく使い分けている事が多く
女性のコミュニケーション能力の高さは素晴らしいなと思う。

男性はコミュニケーション力が低い傾向があるので
そのあたりに気づくことが難しく、
コミュニケーション力の違いですれ違いが起こり、
責任を他人に求めることで
男女のいざこざは起こるのだろう。

CAT9V9A9039_TP_V

低い立場だからこそ備わる能力

家庭の中で男性はお金を稼いでくる
女性は家を守る。

よくある役割分担だが、
どうしてもお金を稼いでくる男より弱い立場と感じてることが多い。

弱い立場だからこそ高い立場の人の表情を伺い、
察する能力が鍛えられる。

言えないことを言葉では言わないが
態度で示すという力を備えたのだろう。

弱い立場の王様である
甘え上手な赤ちゃんが最も得意とする能力なのかもしれない。

今日のまとめ。今回の話を一言で言うと

言葉より態度が大事ですよ。
態度が良ければキツイ言葉も冗談になって
いい方向に使うことだってできますよ。

ということ。

だからメール(言葉)より電話(言葉+音声)
電話より会話(言葉+音声+表情)

が有効だと言われるのかも。

常日頃からの自分の態度。
更に見直していきたいですね。

それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加