楽にできるならそれなりの成果でもいいじゃないか

kawamura20160818203014_TP_V

15分ブログを続けてまだ数日だが
思いがけずサクサクかけてしまう。

これまで1記事2時間以上かかってると
書き始めると時間が取られることもあり
始める事に躊躇していたが、

実行のストレスが小さいなら
サクサク行動できてしまう

とても新しい発見だ。
805のみずほさんに感謝しきれない。

これまではいらない所に力んでエネルギーを使っていたようだ。

小さい頃スポーツをやっていた時でも
始めのうちは力んで、不必要な所に力が入っていて

それを抜くことであっさりできてしまった経験をした人も多いだろう。

  • 読んでる人に何かためになる記事を書こうとか
  • 形が良い物を書こうとか
  • 完璧な仕上がりでないとかっこ悪いとか

そんなことに力を使っていたのかもしれない。
そして考えて考えて疲れて後回しにしていたのだ。

余計な力を抜いてやるべきことだけに集中できる

とにかく「15分で記事を書いてすぐアップする」という1点に集中する。
それだけを実行しているのだ。

良い物を書くとか、ためになるとか、そんなことはどうでもいい。
そんないらない所に力を使っていたからこれまで進めなかったのだ。

ならばその足かせを捨ててしまえばよかったのだ。

まずは楽になろう。他人のことは忘れて
今自分がやるべきことに集中する。

リッチシェフレンも言っていた

チャンス追求型の人はあれもこれもやらなければ、と考え
今自分がやるべきことに集中できていない、と。

だからうまくいかないんだ、と。

まさに15分ブログを実行して身にしみて実感させられた。
余計な所に神経を使いすぎていた。

余計な所へ使っていたエネルギーを開放して
今やるべきことに集中することによって

楽に、それなりにいいものができる。
それこそが効率化だろう。

もっと肩の力を抜こう。

今の自分にできることは限られてる。
今の実力でできる範囲のことをしっかりやるだけだ。

AME_kemurintanabiku_TP_V

そこに努力はいらない

なぜなら、努力は挫折の原因になるから。

努力しようとすればするほど挫折しやすくなる。

しかも、努力するということは
裏を返せばやりたくないということ
ではないだろうか?

そんなことをやる必要はないし、
努力しようとしている人は
そこをまず考えたほうがいいかもしれない。

あと、

大事なのは習慣化

習慣化は自動プログラムなので
知らないうちに実行してしまうものだ。

その仕組さえ作ってしまえば自動的にいい方向に進んでいくものだ。

努力しようとすればするほど
余計な意思決定にエネルギーを使ってしまい
失敗しやすくなる。

意外と足元に問題が潜んでいる。

そもそも、を考えると意外と発想の転換ができて
あっさり問題が解決してしまうことがあるなと最近感じる。

手動で頑張って最大利益よりも
それなりの成果がでるなら楽な自動化のほうがいいじゃない

「やらなければ」を捨て、やりたいことを伸ばそう

やらなければ、をやるには努力が必要。

そうではなく、

やりたいことを追求して
自然とやれる環境(習慣)を作ってやれば
気がついたら成長してくだろう。

「好き」という自動操縦プログラム

好きなら勝手にやり続けるから習慣化される。

習慣化してしまえば
成果はそれなりでも勝手に成長を続ける。

まずは「好き」を探して自動化の仕組みを作ろう。

あなたのやりたいことは何だろう?
好きなことは何だろう?

それらを探すことに時間を使うように、
確保しておくといいだろう。

自分の人生は無理なく楽しく生きよう。

今日もノンストレスで。

それでは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加