どんな刺激でどんな進化をするのか

CSSS85_MBAwonozokujyosei20131019_TP_V

素直で優しい娘

知り合いの娘がいる。とても素直で従順ないい娘だ。だからか、バイト先でも従順で優しいから、そこのリーダーに 困ったときはまっさきにお願いされ、ちょくちょく無理にバイトに入らされているようだ。

大学に、プライベートに、自動車教習に、と忙しいにもかかわらず「時間がないない」と言いつつもバイトも入れてしまっている状態。

彼女を見ているとそこまで「嫌」というわけでもなさそうだが、彼女は「その日ははいれない」と言ってるのにもかかわらず、バイトリーダーは「無理な理由はないでしょ?」、「だから入れるよね?」とゴリ推してくるようだ。

「押して行けるヤツ」

どうやらリーダーには「押せば行けるヤツ」と思われているようだ。「困ったときはこの子にお願いすれば断らない」だから毎回真っ先にお願いされる。

それを聞いていろいろ考えてしまう。

その娘は素直で従順ですごくいい子。そこに入れ知恵するとその子は知恵をつけて何かしらの変化をする。

当然変化は、良い方に転がるかもしれないし、悪い方に転がるかもしれない。

つまり、「他人本意で従順な子」から「他人本意で従順でかつ自分の意志をしっかり表明できる娘」に進化するか、もしくはダークサイドに落ちて「自分本意で自分勝手な方向」へと進化するか、そればかりは誰にもわからない。(自分本位が必ずしも悪いわけではないが)

正しさの基準

僕としては思いやりのあるいい子でいてほしい希望もある。だが、それでは変化を起こさずに止めてしまうことになる。進化的には変わらないのは終わりの始まりだ。

だが彼女はおそらく「田舎の村人」的な人だ。言い換えると「特に野望などは持っていない人」。そうだとすると変わらないのも一つの幸せの形かも知れない。少なくとも村人ならばその可能性は高い。

彼女がどうしたいかの希望によってもどっちを選択するのがいいのか、判断材料は与えても決めるのは彼女自身だろう。他人の僕が決めることではない。

馬を水へにつれていくことはできても、水を飲むかどうかは馬が決めることだ。

僕が大事だと思っている「変化する、しない」の選択、彼女の意思、彼女にとっての幸せの形、進化すべきかしなくていいか、など、どの切り口で見るかで重要な選択は変わってくる。

つまり、どこに視点を置くかでどの選択が正しいかは変わってくる。

白か黒か

一応僕の意見としては「どうしても入れないときは無理しないできっぱり断ったほうが良いよ、じゃないとそれが当たり前になってしまうから」と軽く自分本位向きアドバイスをしておいた。(仕事は自分の人生一部分だと考えているからね)

すると彼女は「参考になります」とどっち付かずの返事をした。僕は「ちょっと迷惑だったかな。。」と少し反省したが、後で考えると秀逸な返しだなと。

もし僕ならがアドバイスされたとしたら自分の解釈(賛成か反対か)を返してしまいそうだが、彼女は「良い」も「悪い」も判断しなかったわけだ。(単純に優柔不断で自分の意見がないだけかもしれないが。。)

過ぎてみないとわからない

親が娘にこうなって欲しいという親の希望と娘本人の希望、どっちが良いのかで悩むこともあるだろう。でも何が正しいのかは誰にもわからない。

ただただ自分が選択した方向に変化していくだけだ。そして後から見て「それが良かったかどうか」の解釈を入れて初めて判断することができる。

どんな刺激があるかでそれ相応に進化していく。そして、何がよかったかは過ぎてみないと誰にもわからない。そういうところはやはり相場と同じだな、と感じた1シーンでした。

まだ19歳の娘。彼女が今後どうなっていくのか楽しみだな。

それではまた。

もしこの記事が面白いと思ってくれたら
下のバナーを押して応援お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加