ごはんは3食べる?

PAK86_esawotaberushimari20131201_TP_V

規則正しい生活

あなたは食事を3食摂りますか?

それとも5食ですか?
もしくは2食ですか?

また、1食の量は決まっていますか?
それはなぜですか?

一日3食規則正しい生活は健康的なのだろうか?
健康的だと言えるならそれはなぜだろうか?

考えたことありますか?

僕は小さい頃に家庭や学校で教えられてきた
そのようなパラダイムの中で生きてきた。

しかし、最近ある人の講義を聞いてそれが大きく崩れた。
お腹がすいたときに満足する分だけ食べればいいじゃない。

エネルギー管理に関しても同様のことが言われていた。
必要なときに必要な分だけ採ったほうが
エネルギーの観点でも良いのだとか。

踊るのは誰だ

たとえば、新しいコンピュータが発売された。
今回は性能も2倍で解像度も比べ物にならないくらい素晴らしい

すごい、今すぐ欲しい。
あれも出来るこれも出来る
すごいことができるんだ、ならばその技術を使わなきゃ損だ

ついつい反射的にそう思ってしまう。

だがちょっとまってくれ。
それは本当に必要か?
自分がやりたいことなのか?

それはテクノロジーに踊らされてる状態だろう。

PCが趣味だと言う人ならいいと思うが
元々PCは道具だ。

PCがすごいから買うんじゃなくて
必要だから買う。本来はそういうものであるべきだろう。

残さず食べましょう

現代は食べ物がほうふだ。
あれも食べれるこれも食べれる、残さず全部食べなきゃ。

僕はこれまではそう思ってきた。もったいないから、心を込めて作ってくれたから。

だが、そもそもを考えると何のために食べるのか?
お腹がすいたならお腹が満たせたらそれでいいじゃないか。
残したらもったいない?目的は残さず食べることなのか?空腹を満たすことなのか?

目的を見失ってはいけない。

動物たちを見てみると必要な分だけ食べたら後は放置だ。見向きもしない。
僕らはこれを見ると「こらー残さず食べなよ」と反射的に思ってしまう。
だが、それは大きな間違いだ。

マナーの面では良くないかもしれないが生き物って本来そういうものだろう。彼ら動物は本来の目的が「生きる」ということを忘れていない。

必要な分だけ食べて残ったものは誰が食べようとまったく気にしない。

収集家

トレーダーにも同様のことが言える。

経済ニュースや専門家のコメント、インジケーターなど、
自分が使えもしないものを必死に追いかけている人々。

負けているトレーダーほど使いもしないインディケーターをゴチャゴチャと表示して、なにがなんだかわからない状態になっている。

おそらくそういう人は、部屋が使いもしないもので散らかっていて、デスクも使わないもので溢れていることだろう。着ない洋服がタンスの中にたくさんあり、読みもしない本をたくさん持っている。アドレス帳は連絡することもない人々であふれ、使いもしない情報を収集し、俺はアレもこれも持ってるぜ、と満足してしまっている。

だがちょっと考えてみてほしい、使わないものを持っていて何かの役に立つのだろうか?集めたかったのだろうか?

僕の立場

収集が趣味ならそれでいいと思う。

しかし、トレーダーは金を稼ぎたいんじゃないのか?
PIPS数を稼ぎたいのか?お金を稼ぎたいのか?
インディケーターを集めたいのか?お金を稼ぎたいのか?

情報に踊らされてはいけない。
もちろんお金を稼ぎすぎることについても同じだ。

あくまでも自分が主体。目的が主体。

情報もお金もテクノロジーも食べ物も
あくまでもより良くいきるための道具なのだ。

それを忘れてはいけない。

それではまた。

もしこの記事が面白いと思ってくれたら
下のバナーを押して応援お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加