ともだち100人できるかな

GAPAKU3298_TP_V

あなたには友達がいますか?
何人いますか?
それはどんな人ですか?

今日は友だちの作り方について
アウトプットしていきたいと思います。

友達は多い方がいい

但し、素晴らしい人に限る。

意味のない数増やしはいらない。
自分の時間は無限ではないのだから
付き合う人を厳選すべきだ。

無意味な「友達」と付き合えるほど
自分の生命は長くない。

なら、どんな人と友達になるのが
望ましいだろうか?

たった数百円でホリエモンと話せる

読書は時間と距離を超えて
歴史的に活躍した人や
今でも活躍してる自分には手の届かない人、

そういう人たちと対話できる
素晴らしい機会だ。
そういう機会をたったの数百円で
得ることができるのだ。

たった1000円程度で
時給数百万円の孫正義や
ホリエモンと思う存分 対話できるのだ。

こんな素晴らしいことはないだろう。

どちらに投資するのが賢いだろうか?

一般的に毎日飲み歩いてる友達と
2時間5000円(居酒屋)かけて対話するのと、

偉人と2時間(読書時間)1000円(1冊)
かけて対話するのでは

どちらが有益だろうか?
どちらが投資効率が良いだろうか?

確かに読書では著者が一方的に言いたいことを
書いてるのでそれを聞かされてるだけで、
読者が自分で勝手に解釈することに
なるかもしれない。

しかし、目の前の一般の友達との会話でも
自分の話しかしないし、人の話は聞いてないし
会話してるようで会話してないようなものだ。

だったら読書で偉人と対話してる方が
いろんな話が聞けて有益なのではないだろうか。

貴重な時間とお金を投資するなら
よりリターンが大きい方が良いだろう。

書店は知者の出会い系サイト

出会い系サイトは
色んな人にメッセージを送って
ちょっと話してみて、
違うなと思ったら次、
合うなと思ったらより深く話してみる。

これってほんの探し方にも
全く当てはまる。

書店でたくさんの人(本)たちが待っている。
その中で、自分がぱっとみて気に入った人(本)を手にとる。
容姿(表紙)、考え方(目次)好み(文体や言い回しなど)
を吟味する。

自分に合わないなと思ったら次の本
自分に合いそうだなと思ったり、
少しでも気になったらカップリング(買う)して
もっとよく話してみる(深く読んでいく)

これってわたしたちが
友達や恋人を探すときの
プロセスと全く同じだろう。

一般の知り合いから友達を吟味する時も
異性を求める時(リアルでもネットでも)も
やっていることは全く同じだ。

ならばこの出会い系サイトを
使わない手はないだろう。

良い本とカップリングして
より知的な方にドリフトしようじゃないか。

USniranohana_TP_V

さぁ新しい出会いを求めよう

一人と深く付き合うことも大事だが
世界にはほぼ無限にすごい人がいる。
(一生かけても読み尽くせないという意味で無限)

いろんな人と関わると自分が成長するように
本との出会いはあなたの人生を変えてくれるだろう。

相手が本なら性格の不一致で
嫌われることもないし、
トラブルで揉めることもない。

文体や言い回しで嫌いになること
はあるかもしれないが
著者から嫌われることはまずない。

もっと自分の知らない世界を知るために
自分の世界を広げるために、

どんどん新しい人(本)
との出会いを求めていこう。

わたしたちの進化は誰に求められない。

それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加