行動履歴をつけよう

0I9A5123ISUMI_TP_V

昨日の続き。

時間を確保するためにやっておきたいこと
を書いていきます。

ショッピングやネットは時間を測ろう

ネットのショッピングやブログなどを見ている時間は
ホントにあっという間に過ぎていく。

特にSNSは危険だ。
目的のない、人のつながり、欲しいモノ、欲しい情報は
ほぼ無限に存在する。

しかも、最近ではそのような
読者が欲しがりそうなリンクが
無限にオファーされてくる。

何も考えずに次々と漁っていると気がついたら
1時間2時間立っていることだろう。

そういうショッピングやネットを見る時は
一度時間を測ってみて
どのくらい浪費しているのか確認してみるといいだろう。

あるいは、目的のものだけを手に入れたら
すぐに閉じることをオススメする。

リアルでの買い物をするときは
目的の商品を手に取ったらすぐにレジに向かう。
それが賢い買い物というものだろう。

ダラダラと店舗を回りながら、
安いもの他にないかな、
何か便利なもの他にないかな、
などと「目的のない何か」を探していると
時間は永遠に消費されるので注意しておきたい。

行動履歴をつけよう

ざっくりでいい、

今日は、何時から何をしたかを記録しよう。
何時に起きて、
何時にご飯食べて、
どこにいって、
という風に行動のログをつけよう。

そして一週間ずつ俯瞰してみて
ムダに浪費してしまった時間帯がなかったか
軽くチェックしよう。

記録それ自体に時間を使う必要はないので
ざっくりでいい。

時間の流れは
記録して俯瞰してみないと
意外と見えにくいものだ。

自身を振り返るためのツール
褒められ帳、食事記録などと同じく
記録することによって
見えなかったものが見えてくる。

あくまでも反省のために、
これはかなりオススメする。

とにかく身にならないことを省こう

総合して言えることは
とにかく身にならないことをどんどん減らして
成長に繋がることをどんどん取り入れよう。

ムダな事をしている時間があったら
寝て意志力を回復させたほうが有意義だと思う。

ただし、この時間は「ムダを楽しむ時間」
と計画して決めているなら
それは心の休養として必要な時間だと思う。

マズイのは「意図しないムダ」のことだ。
流されてしまった、ダラダラしてしまった
気がついたら時間が経っていた、
ということをできるだけ減らしていきたい。

そうすれば多くの時間を確保できるだろう。

HOTE86_yubinebijyo15104337_TP_V

しかし、、

私も実践はしているが
なかなか寝れなかったり、
集中できずに長引いたりしてしまうこともある。

きっちりムダなくやるよりも
やはりストレスにならないように
「ある程度は心に余裕を持ちつつ」
というのが大事なのかもしれない。

今の自分ができる範囲で少し背伸びして
今できることからはじめていこう。

定期的に見直しておけば
今はできなくても
そのうちできるようになってくるはずだ。

厳しくやるのもマイペースでやるのも
自分に合ったやり方を見つけよう。

辞めさえしなければ
いつかは必ずできるようになるのだから。

それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加