自分はどの視点で見ているのか?

KAZ532_P9270034_TP_V

頑張ってるけどうまくいかない
もっと他にいい稼ぎ方はないだろうか

そう考える人は多い。

でもなぜ、うまくいかないのだろうか?

そのあたりについて考えていきたいと思います。

女性は母になると強くなる

とはよく言うが、実際は母にならなくても強くなれる。
実際にやってみればその立場の視点がわかるのは当たり前だ。
何も考えてない人でも母になることによって
母からの視点が見えるようになった、ということだろう。

子供を持たない男性でも、
母の気持ちになって頭のなかでシミュレーションして見れば
同様の視点や考え方を身につけることはできる。
やってみないとわからない細かい点もあるけどね。

自分が実際に親になってみると、
自分の親の気持ちが今になってやっとわかってきた
となるのはそのためだろう。

自分がどの視点で見るのかを決めるだけ

経営者の目線で見るのか、労働者の目線で見ているのか
講師の立場で見るのか、受講者の立場で見るのか。
子供の立場でみるのか、親の立場で見るのか。

自分の立場と相手の立場、
複数の眼でみれるようになると
見えてる世界が大きく広がる。

自分が労働者ならば、経営者の立場になった事を想像して
利益を上げるためには、コストを減らすためにはどうするか
を考えてみよう。

それによって経営者側のシフト事情等も見えてくる。

自分が受講者なら、講師の立場になった事を想像して、
どうやったらわかりやすく説明できるだろう
という視点で見てみよう。

そうすることによって、細かい箇所の矛盾点や
自分が説明できない=理解できていない所が浮き彫りになってくる。

逆に、自分が講師の立場なら、受講者の立場になって
何がわからないのか、何がうまくいかないのか
どういうところでつまずくのか、
成長に悩んでた頃を思い出して、その悩みに応えられるように
痒い所に手がとどくセミナーにしていくといいかもしれない。

自分が親なら、子供時代を思い出してみよう。
自分が子供だった時にそういうことを言われたら
どう思うだろうか、と考えることによって
子供の気持ちに近づくことができるだろう。

SHIO16020512IMG_6281_TP_V

初心者ですが、教えてください

よくそういう決まり文句で始まる質問者がいる。

私からすれば、最初の1行で
この人は成功しないと断言できる。

なぜなら、初めに私は初心者です、
僕はダメなやつですと自認しているからだ。

はたして、私は初めて間もないです何もわからないです、
だから教えてください、という人が成功するだろうか?

本当に成功するなら、まずは自分でいろいろ調べて
このようにやっているんですがどうでしょうか?

となるのではないだろうか?

仮にやる気があったとして、
でもまだ初心者だ、と自覚しているのなら
まずは自分なりに勉強するだろう。

そうすべき、ということではなく、
やる気があるなら勉強したくなるはずだ。

それすらやらずに「1から10まで教えてください」という姿勢が
そもそも成功できない根本的な原因なのではないだろうか。

本当に成り上がろうとしている人の口からは
このような言葉は出てこないはずだ。

人の能力は精神が9割

ボクシングなどの格闘技の試合前を思い出してみよう。

まだゴングがなっていないのに
お互いに顔が付く程睨み合い、
戦う前でも既に精神的な戦いは始まっている。

そこで目をそらしたら精神的に不利になる。
スミマセン、いやー僕なんて勝てるかどうか、、
なんて謙遜してる世界王者がいるだろうか?

できると思っていないと絶対にできない

できないと思っていたら
全ての自分の行動に制限がかかってしまう。

心のブレーキとかメンタルブロックとか
言い方は色々あるかもしれない。

それは瓶に蓋をするとそれ以上跳べなくなるノミと同じだ。

だからこそ根拠のない自信を持てともいうが、
私はできる立場で物事を見る、ということを推奨している。

自信は全て主観であり実績があっても根拠はない。
ムリに自信を持つというのは難しいと思う。

だから、上の立場の人の視点で物事を見るようにすると
見えてる世界が広がる。
ノミでいうと蓋がなくてもっと上まで跳べるノミの立場で物事を見る。

自分自身(成功できない人)の立場ではなく
成功者の立場で見る、
そうすれば自分には何が足りてないか、どうするのが正しいのか
そういう点がハッキリと見えてくるのではないだろうか。

それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加