常にちょっと先の利益になる仕事をする

GAK88_nekokafeneko_TP_V

人は短期的な利益にばかり目を奪われがち

最近よくそう思う。

人はというか動物がそういうものなのだろう。

日々時給(月給でも)で働いてる人たちは
今月の給料のために働いてるわけだ。

成功者の共通点をみてみると

良くないことはすぐに潰し
良いことは先延ばし

している人が多いことに気づく。

時間をかければプラスにもマイナスにも
大きく膨らむことを知っているのだ。

植物を育てる時も
今日の晩御飯のために野菜を育てる人はいない。

来年の秋に向けて冬に種を仕込むのだ。
そして毎日水をやり、秋には何倍ものたくさんの収穫を得られる。

N116_boirusaretakani_TP_V

童話の「さるかに合戦」

にもあったように
おにぎりを買うのか、今の空腹を我慢して柿の種を買うのか。

柿の種を選ぶと後々大きな利益になるのだ。

でも、今食べていく食料は必要

さすがに8年先ばかり見てると、
明日空腹で餓死してしまうといけない。

だから、最低限今月の食料は確保したうえで、資金と時間に余裕を作り、
その余力でちょっと先の収穫のために種を撒く。

できれば

  • 1年分の生活費
  • 毎月の生活費のスリム化

はやっておきたいところ。
そうすれば今も楽しく過ごしながら
余力で頑張った分あとで大きな収穫が得られるだろう。

未来の種は直接お金になるビジネスでなくても
勉強でも、人脈でもいい。

その先の収穫だけで賄えるようになったら後はすごく楽になる。
少ない労力で莫大な利益。それこそが成功者がやってることだ。

成功者はそれを知ってるから
みんなあたりまえに利益を後回しにする癖がついているのだ。

あなたが今やってる仕事は
はたしていつの収入になるのだろうか?

そのことを時間をとってよく考えてみよう。

来月の給料のために時間を使っているのならば考えなければいけない。

利益はできるだけ先延ばしにしたほうが
大きなものとして返ってくる
事を思い出そう。

長ければ長いほど大きい。

そのことを頭に入れ今何をすべきかよく考えてみよう。

スティーブン・コヴィー博士の著書「7つの習慣」では
第二領域」と言われるところがそれにあたる。

E146_hijyouguchi_TP_V

緊急ではないが 重要なこと

これこそが一番力を入れなければならない
自分の本当の「仕事」なのだ。

私の場合は

  1. トレードの検証
  2. ライティングの勉強
  3. 人生をより良くするため時間
  4. 人生を楽しむための時間

そのことに時間を使っている。

学ぶことや行動することだけでなく、
今休む必要があるのなら休暇もそれに入る。

ちょっと先の事が見えてない人は

未来の自分にとって
必要なことを紙に書き出してみよう

やることリスト、やらないことリスト

時間を取ってこういうものを思いつく限り
書いてみると意外と面白い。

そういうワークをやってみてはいかがだろうか。

時間が来たのでこのへんで。

それではまた。

PS

ちなみにこのブログ更新も、
はじめの日に頑張って7日分書いて
予約投稿しておいた。

そして、常に1週間分予約投稿がある状態
毎日の作業は常に1週間先の記事を毎日更新するようにした。

これって上でいう種を撒き続ける、
後で利益を得る仕組みを初日に作った
と言えますよね。

それによってストレスが大きく減ったし
万が一今日書けなかったとしても
最低7日は更新が滞ることがない。

そのおかげで
安心感もすごくある。

毎日更新が辛い人は
是非オススメします。

何事も今すぐ実践ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加