モノマネの練習をしよう

taifu-korokke0I9A0011_TP_V

コロッケや前田健など、
モノマネをしているタレントがいるが、

彼らはとてもクオリティが高くて感心する。

パクるのが常識の中国人

と世間では言われ、
真似することは良くないことのような風潮があるが、
「学ぶ」事と「真似する」事はほぼ同じ

と捉えていいのではないだろうか。

そう考えると中国人のマネする思想は
マネすべき考え方と言える。

どんな分野でも
0から作り出せる人はそういない

いたとしてもそれは経験者だったり大企業だったり
既にその道に精通している人たちだ。

そんなレベルの高い人たちと同じことを
技術レベルの低い私がやったとしても勝ち目がない。

そうではなく、

まずはクオリティの高いものをパターン化した

テンプレートを使いこなせるようになろう

テンプレートとは例えば、

  • ライティングならスワイプファイル
  • 数学や物理で言えば公式
  • ビジネスモデルなら事例集
  • 物語なら神話の法則
  • トレードなら手法
  • HTMLならテンプレート
  • プログラムならサンプルプログラム
  • イラストレーターなら素材集
  • 音楽制作ならSEやサンプリング集
  • 動画編集なら素材集やプリセット
  • ナンパなら会話テンプレート
  • 手芸で言えば手芸キット
  • 生き方なら偉人伝
  • 労働者ならマニュアル
  • 講師なら言い回しや事例話
  • 企画なら身近な事のパロディ

他を探せばいくらでも同じようなことが見つかるだろう。

PED_kajiraretaapple2_TP_V

新商品は多くの場合、何かのモチーフ

それは語弊を恐れずに言えば単にパクリだ。

デッサンだってダンスだって、
「モデル」となるものを見て形ややり方を真似して学ぶはずだ。

多くの場合、斬新なアイデアはパクリの組み合わせなので、
アイデアの元さえしっかり抑えておけば
新しいものを無限に作り出すことができる。

パクってさえしまえば、少ない労力で
比較的クオリティの高いものを作ることができる。

これから何かを始めようとするような
私たち凡人がやることは、

ゼロから新しい物を作り出すことではない

先人の知恵をまず覚え、
そこから発想を得て新しいものを考え出すのがいい。

まずはその元となるテンプレートを
とことん真似して当たり前になるまで練習しよう

そうすればある程度のクオリティのものは作れるようになる。

精度を高めればそのへんのプロを凌駕するほどの
高い技術レベルになれるだろう。

さぁ、思う存分パクるがいい

「学ぶ」は「マネぶ」から来ている

自分が目指している分野で、
まずはしっかり真似できるように日々練習に励もう。

そのためには日々何かのモノマネをすることが
最強の勉強方法なのではないだろうか。

さぁ今日あなたは何をマネてみる?

それではまた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加