器を大きくし、今できることから地道に積み重ねていく。

MOK_naraberaretatubo_TP_V

今日は和佐さんのスピンズネットワークの動画にて復習。

まさに今自分が課題としていることがそのままだ。

器を大きくしよう

みんな成功したいと頑張ってる。
でもなかなか結果が出ない。
みんな真剣に勉強して努力してるのに。

なぜだろうか?

それは、「器がまだ小さいから」

器が小さいと、入れる液体が多いと溢れてしまうように
自分がまだその情報や技術を使いこなせる準備ができていない。

ゲームで例えると
レベル10で最強の攻撃魔法が使えたとしても
最大MPが足りなくて打つことができないだろう。

仮に打てたとしても1発打ったらMPが空っぽになり、
その後何もできなくなる。

最悪の場合、詠唱時間が長すぎて
詠唱中に死んでしまうかもしれない。

運良く打てたとしても魔力が弱すぎて
大したダメージは与えられないだろう。

そのようなことにならないように
MPを鍛えて
魔力も鍛えて
詠唱スピードも上げて
体力も鍛えて
要はレベルをもっと上げてから使おうよということ。

まずは、もっと器を大きく成長させましょうよ、
器=セルフイメージ=自信
それを書き換えてリフォームしましょうよ、
ということ。

自信も経験もないのにノウハウを駆使しても
うまくいくか不安だし、唐突なトラブルにも対処できないだろう。

商品を売ったことがない人がいきなり1億の商品が売れてしまって
返品してこられたら恐怖だろう。
器の小さい人にはまだ早すぎるのだ。

器を大きくするには?

そうならないように自分の器を鍛えておこう。

そのためには

  1. 欲しい現実を明確に具体的にイメージする
  2. なぜ欲しいのか書き出す
  3. それにふさわしいイメージ(達成した将来の自分)はどんな姿だろう?と考える
    どんな思考、習慣、行動で日々過ごしているか。
  4. そのようになりきって日々過ごす。
    完全に真似してなりきる。

そうすることによって少しずつ理想の自分に近づいていける。

「なろう」→「あろう」へシフトしていく。
「なろう」は願望、「あろう」は現実。

夢ばかり追いかけるのではなく、現実的な行動を行おうと言うもの。
マイケル・マスターソンも全く同じことを言っている。

成功法則では「強く願えば叶う」とよく言われているが、
夢はただの妄想であり、行動が伴わなければ絶対にかなわない。
大事なのは「今どのように行動するか」。

邪魔をしてくる友人に耳を貸してはいけない

目標に向かって頑張っていると

「起業なんてやめたほうがいいよ」
「会社やめるの不安じゃない?」

必ず足を引っ張ってくる。それは仕方ないことだ。

彼らは彼らなりに良かれと思って言ってくれている。
しかし、私はそのような意見は無視する必要がある。

もちろん、失敗するかもしれない。
でも失敗は経験であり、そこから学ぶことができる財産になるのだ。
何もしないということはその財産を失うことに等しい。

他人の意見で得られるはずの財産を取り逃してしまうのは
とても惜しいことだ。

自分の人生の可能性を、
何もやらない人間に潰されてしまってはいけない。

自分の信じる道は自信を持って進んでいこう。
むしろ失敗してもいい。

人生は困難があるから面白い。山登りと同じ

人生は困難があるから面白いのだ。
なんでも全て成功したらそれはそれで面白くないだろう。
困難があったり乗り越えたりするプロセスに楽しみがある。

山を登る時に
いきなりリフトで頂上に登れてしまったら
いったい何がおもしろいのだろう。

今の困難を楽しみながら登っていくほうがいいだろう。

頂上付近にいる人も
今できることを一歩ずつ積み重ねて今があるのだ。

だから私も今できることを一歩ずつやっていくしかない。
やりながら間違っていたら修正すればいいし、
良い方法が見つかればそれを試していけばいい。

全ては「今ココ」からはじまるのだ。
過去も未来も見る必要はない。

過去はもう去ったし
未来はまだ来ていない。
今あるのは現在だけだ。今できることをコツコツやっていこう。
それが行動するということ。

行動しないと何が良かったのか悪かったのか
分かることさえない。

完璧になったら始めようと言うのは
妄想しているだけにすぎない。

完璧はやってこないから今すぐ行動あるのみだ。

まとめ

今日の話をまとめると

テクニックを使う前に
まずは器を大きくしよう。

そのためには、願望のイメージを具体化し
そのイメージ通りの自分を演じるように行動しよう。

そして信念をもって
今できることをコツコツ積み上げていこう。

そうすれば、気がついたらいつのまにか
成長しているはずだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加